【ご報告】6月19日の一連の投稿直後、本日、作田学氏は自身のブログを完全削除した。横浜副流煙裁判を無きものにし、私たちの発信を「虚偽」とレッテルを貼る極めて不当な内容であったので、朗報である。

 経緯は下記である。作田氏のブログ(アメーバブログ)は令和3年5月12日付けに、初めて記事が載ったが、長い間その記事はひとつしかなかった。それは、あたかも「PM2.5の測り方さえ良ければ裁判に勝っていた」と読み取れるもので、「敗訴したのはPM2.5の測り方のせいなだけであって、藤井家が膨大に喫煙していたのは事実である」と暗に示すものであった。

 次に今年3月18日になり作田氏は記事を更新した。横浜地検・岡田万佑子検事が作田氏を不起訴にした直後のことである。この内容が大いに問題があることは、下記に示した通りであるが、実は6月19日に支援会の石岡淑道氏から、そのほとんどが削除されていると報告を受けたのだ。

 そこで私は下記一連のツイートを行った。

 すると翌日6月20日、作田氏はブログを完全に削除したのである。

6月19日一連のツイート(頁最後まで)

 下記は、本日の作田学氏のブログの状態である。読んで欲しい。

  本件では、告発や起訴される理由は全く何も無く、事実無根なので、当然ながら検察庁の「不起訴」が決定いたしました。ご安心ください。当方としては、本件には一切係わらないこととしておりますので、よろしくお願いいたします。


 私は同じ記事の「以前の状態」を保存している。差を比較して欲しい。今年3月31日時点での同じ記事の内容である。明らかにこちらのほうが酷い。

  本件では、告発や起訴される理由は全く何も無く、事実無根なので、当然ながら検察庁の「不起訴」が決定いたしました。ご安心ください。
  尋常を外れた虚偽告発、名誉棄損、誹謗中傷、個人攻撃を執拗に繰り返しているようですが、YouTube配信が停止とされたり、メディアも全く相手にしなくなっているようで、当方としてもこのようなフェイク(嘘)には一切係わらないことが賢明と思うところです。
  今国会で「改正侮辱罪」が可決成立し、このような侮辱行為には「1年以下の懲役・禁錮または30万円以下の罰金」が7月までに施行される見通しとのことですので、諸々よろしくお願いいたします。

一回目の削除箇所

 第3段落の「今国会で『改正侮辱罪』が可決成立し」以降については、4月25日に黒薮哲哉氏が記事の中で、【作田医師、アメブロで虚勢を張る】と題し、次のように述べた翌日、速攻で削除された。

『作田医師は、暗黙のうちに藤井夫妻に対して「侮辱罪」で刑事告訴することをほのめかしてきたのである。』

 

2回目の削除箇所

今回作田氏が削除したのは第2段落の「尋常を外れた虚偽告発、名誉棄損、」以降である。


 侮辱罪の時効がもうじき3年になることを受けて、新しい法律が効力を持つ前に削除した可能性もある。というのも、ネット上の書き込みは、削除してから時効のカウントが始まるので、今であれば時効は1年で済む。仮に作田氏が問題発言を削除せず、私が侮辱罪で訴えた場合、立証義務は作田氏が負うことになる。つまり、作田氏は、私と黒薮氏の【A家・作田氏らが出した裁判資料】や【判決文】を基にした発信のどの部分が「フェイク」「嘘つき」「虚偽」に該当するのか、具体的に示さなくてはならないのである。

(ツイートここまで)