これまで最大の壁として立ちはだかってきた日赤が、ついに協力を申し出てくれた。初めて手紙を書いたのが2019年12月のこと。それから1年半、諦めずによかったと思う。その姿勢を最大限評価し、矛を収めることとする。 

 私はこれまで日赤に対し公式の謝罪を求めて来たが、謝罪だけを強引に要求することは、また形だけの謝罪にも繋がる可能性を生む。それでは意味がない。それよりも、日赤自身が自分で考え真相究明に能動的に協力してもらうことの方が再発防止にも繋がり、結果、医療人としても襟を正していくこととなる。 

 

 社会も見つめている。  

 事実解明に協力することが事実上の謝罪と反省となる。 

 これで、日赤、警察、行政各所(東京都福祉保健課指導監査部および横浜市健康福祉局保険年金課)、全ての協力が得れるようになった。朗報である。 

 ※今後の刑事・民事裁判への影響を考慮し、これ以上の具体的な言及は控えることをご理解ください。