聞くところによると、日本禁煙学会は「裁判を支援する際」には、役員会に諮るらしい(当然のことではあるが)。が、横浜副流煙裁判については役員会にて協議されていないとのこと。よって、あくまでも作田氏が個人的に行ったこととの認識で、それに沿うするように、作田氏も自身のブログで禁煙学会とは関係ないと述べている。

が、果たして、禁煙学会は関与していないと言えるのだろうか。組織を代表する人間が、「組織が定めた診断基準」に従って診断書を書いておきながら、どうやって、それは組織とは関係ないと言えるのだろうか。

日本禁煙学会による総がかり裁判

下記では、日本禁煙学会およびその関連から出された裁判資料を示している。その量の多さに驚くだろう。これをもって、組織が関与していないと言えるのだろうか。

次に、裁判資料の中身から、関与を示す部分を引用しよう。

日本禁煙学会認定医・倉田文秋医師および日本禁煙学会認定禁煙専門看護師・今野郁子氏の関与

前訴訟、原告準備書面(2)14頁には下記の記載がある。

その後 、同年(注:平成28年)10月31日に、原告ら3人は、紹介を受けてくらた内科クリニック」を受 診し、3人とも、初めてそこで受動喫煙症と診断された。 原告らが診断書の作成を依頼したところ (被告とのやり取りも報告した上で)、倉田医師は、「ここまで来たら訴訟しかないかもしれない。訴訟するというのであれば、再度来て下さい。診断書を書きましょう。Jとのことであった。

そして、原告らは、平成29年3月 28日 、29日に再度訪れ 、平成28年10月31日時点での診断書を書いていただい たものである。

これは、日本禁煙学会の人間がA家を訴訟に導いていると言えないのだろうか。

また、控訴理由書13頁には下記のくだりがある。

いくつかの診療所や医院を経て、ようやくたどり着いたのが倉田医師であり、そこで受動喫煙症、あるいは化学物質過敏症の実態があるとの診断を受けるに至ったのである (甲 21~ 24、甲 50の1)。 倉田医師は 、日本禁煙学会認定禁煙専門医であり、かつ看護師今野郁子氏は 、日本禁煙学会認定禁煙専門看護師であり、優秀かつ ベテランの医師と看護師なのである。 彼らの問診を経て、前記の各々の診断書が作成されているのである。 )

日本禁煙学会事務局・宮崎恭一氏の関与

また、原告準備書面(2)15頁には下記の記載もある。

原告らは、いよいよ、いずれは訴訟は避けられないのではないかと 判断し、 日本禁煙学会・ 宮崎理事 から紹介 されて、 日本赤十字社 医療セ ンターの作田学先生 (日本禁煙学会理事長 )の診察を受け、診断書を作成していただいた。 (甲 1、甲 2、甲 3)。な お、当時原 告A娘は既に寝たきりで 外出困難となっていたため 、原告A妻が代わりにA娘の委任状とA娘直筆の自覚症状、くらた内科クリニック・そよ風クリニックの診断書を提出して、作田医師の診断で、診断書を作成していただいたものである。

次の最終準備書面33頁にも、同様に、日本禁煙学会宮崎理事(注:宮崎恭一氏)と思われる人物について記載がある。

原告らは、日本禁煙学会のホームページを見て日本禁煙学会の事務局の方々から、様々な助言と指導を受け、倉田医師 、宮田医師との診察と診断を受ける機会と、更に作田医師の診察と診断を受ける機会も持った。

その他、日本禁煙学会の関与を示す記載

控訴理由書16頁には下記のようにある。

倉田医師、宮田医師の診療報告を踏まえて、診断書をお願いした経 緯については、下記4以下で詳細に述べるが、受動喫煙症の権威で あり、日本禁煙学会の理事長として、日本及び世界におけるタバコ の危険性の形成を周知し、国民の健康を守るべく努力している作田医師が、真摯に作成した診断書 (甲 1~ 3)、意見書 (甲 28、甲43)の 価値は、極めて高く、その見解は重いのである。

最終準備書面6頁の記載

あらゆる機関への相談 原告らは、被告らとの交渉を続 けながら、あるいは被告(注:藤井将登)に拒絶された後にも、何とか被告に 自宅での喫煙を止めてもらいたいと考 えて、あらゆる機 関への相 談をしてきた。例えば、保健所であり、区役所の法律相談であり、団地の管理組合であり、警察であり、 日本禁煙学会であり、弁護 士会であったりしたのである。